早い卒業

4年前に左指、手の痺れのため来院されたWさん(鎌ケ谷市在住。50代男性)。
整形外科では頸椎症の診断。
1クールで痺れも良くなり当院を卒業しました。

その後良い状態が続いていましたが4年ぶりに来院。

やはり今回も頸椎の不具合と思われ、前回よりも重症でした。
首を下に傾けていなければ痛みがあり、常に下を向いている状態。
首を正常な姿勢にすると、首、肩、腕、背、すべてに痛みがでてしまうため、睡眠や日常生活も不自由に過ごされていました。

今回は1クールで回復されるのは難しいと思われ、その旨患者さんにも説明しました。

4日目施術終了後もまだまだの状態。

5回目来院時に嬉しい言葉がexclamation
「昨日から嘘のように良くなりました。」
「70%くらいは戻っている?、残り30パーセントくらいかな?」と聞くと「いいえ、90%は治っている感じ。」との嬉しい返事。
初診時の下を向きっぱなしの首とはまったく違います。
「あんなに下ばかり向いていたのに、何も拾わなかった。」と冗談も言えるほどに。

本当に嬉しいですね。
とても重症でしたので、もっと時間がかかる事を覚悟していましたから。
Wさんも正常な姿勢でとても明るい顔です。

その後はみるみるうちに回復して1クールで無事に当院卒業ですわーい(嬉しい顔)

その後のメンテナンスの大事さをアドバイスさせていただき、良い気持ちの一日でした。

Wさん早い卒業おめでとうexclamation




鎌ケ谷・白井・船橋エリアの地域情報サイト かまっぷ http://www.kamap.jp

ページのTOPへ

問い合わせ