あなたの頭痛のタイプは?

学生時代から頭痛に悩まされているMさん(鎌ヶ谷市在住・30代女性)。
頭痛がひどくなると吐き気もともなう症状が出てくることも。
そんな時は薬でなんとか仕事を乗り切っているそうです。
辛いですね。

慢性頭痛の知識として、まず知ってほしいのは自分の頭痛のタイプです。
それによって対処の仕方が変わってきます。

大きく分けて、三つのタイプに分かれます。

1.片頭痛   ズキズキ脈打つような頭痛
*血管系と神経系の両方が大きく関係している。
*誘発されるきっかけは人により違います。
 強い光、ある種の食物摂取、気温の変化、ストレスからの開放等(仕事や運動後の緊張が取れてほっとした時)

2.緊張型頭痛  頭がしめつけられるような頭痛
*頭部や頭部周囲が緊張して頭痛をひきおこす。
*緊張の原因は「身体的ストレス」無理な姿勢を長時間続け、最初のうちはコリやハリとして感じ、次第にそれが痛みとなりやがて頭痛となります。「精神的ストレス」でも筋肉の血流が悪くなり頭痛の原因となります。

3・群発頭痛  目の奥が激しく痛む頭痛
*頭の中にある内頚動脈と視床下部が関係している。内頚動脈が拡張して炎症をおこし痛みが発生。
*男性に多く、背が高くお酒やたばこを好む人に多い。

当院でもそれぞれに考えられる頭痛の方が来院されます。
どのタイプか見極めがとても大事なことで、それによって施術法やアドバイス等も変わります。

すぐ効果の出る片頭痛対処法
*こめかみの側頭動脈を手で圧迫する。
*側頭動脈あたりを冷やし安静にして寝る。(温めるのは逆効果)

緊張型頭痛に効果のある対処法
*心身のストレス解消が大事。首や肩を温めると痛みが軽くなります。(冷やしてはダメ)
 入浴もいいですよ。
*肩から首をマッサージしたり、圧痛点を押す。
*首、肩のストレッチ。スポーツや散歩もおすすめ。

Mさんの頭痛タイプは困ったことに「片頭痛」「緊張型頭痛」両方あると考えられます。
日常生活では、今の痛みはどのタイプの頭痛かしっかり見極めて対処するようアドバイスさせていただきました。

ここ数年、頭痛治療は画期的に進歩しています。(頭痛外来がおすすめです)
飲み薬もタイプによって処方されるものが違います。自己判断で市販薬を長期間飲み続けるのは将来、もっと重い頭痛の原因になってしまうこともありお勧めできません。

病院と治療院等両方をじょうずに利用してくださいね。

かわいい今日は急に肌寒くなりました。気温の変化がありすぎ~。緊張型頭痛の人、今日はゆっくりと暖かいお風呂に入って心身ともリラックスしてくださいね。

 

 

鎌ヶ谷・白井・船橋近郊の地域情報サイト カマップhttp://www.kamap.jp

ページのTOPへ

問い合わせ