坐骨神経痛と夏

梅雨明けから坐骨神経痛の患者さんが連日来院されてます。

この暑い夏に?
と思われるかもしれませんが、冷房が今ほど普及されていなかった時代と今の夏の状況が様変わりしています。

神経痛がひどくなる時期と言うとやはり梅雨時でしょう。
高い湿度により汗をかき冷えを呼び込み、血行も悪くなりがちなため、神経痛がおこりやすくなります。
寒くないように対策するので、冬場の方がかえって冷えが少ないかもしれませんね。

外へ出れば酷暑。
何処へ行っても室内は冷房がきいてます。
時々、長時間いると寒くなるほどの室温の施設もありますよね。

汗をかき、冷房や扇風機で冷やす。
冷たい飲み物を沢山飲む。
現在の夏はそれの繰り返しです。
身体が冷えないわけがありません。

そんな訳で夏場は神経痛の持病を持った方には辛い季節といえるでしょう。

坐骨神経痛等がある方は、気を付けてくださいね。

*気温が高く暑いからと言って、夏は身体が冷えないと考えず油断しない事。
(ぬるめのお風呂にゆっくり入るのも冷え解消になります。)
*冷たい飲み物を飲みすぎない。
*適度にストレッチ等を積極的に行う。
*寝不足に気を付ける事。(寝不足は自律神経が乱れがちになり痛みを感じやすくなります。)

簡単に注意してほしい事をまとめましたが、この暑さで私自身も注意していることです。
(過去、坐骨神経痛で苦労した経験があるため)

暑さ厳しい毎日ですが、暑さにまけず健康に注意するようご自愛ください。

ページのTOPへ

問い合わせ

カテゴリ

  • お問合せ

infomation

SOT療法・オステオパシー

鎌ヶ谷大仏
カイロプラクティック
咲が丘整体院

〒274-0807
千葉県船橋市咲が丘1-2-37
(白井市・鎌ヶ谷市もすぐ近くです)

»  MAP

鎌ヶ谷大仏カイロプラクティック咲が丘整体院の外観

  • 女性整体師のブログ

携帯用QRコード

QRコード